【ブログ】One Control Silver Bee ODとHoney Bee ODはどう違う!?音作りのコツも!動画で見てみよう!

One Control新製品、あの伝説のHoney Bee ODをさらにカスタムしたSilver Bee ODの新たな動画です!

Honey Bee ODをカスタムしたモデル、といってもどのように変わったのでしょうか。実際に動画で比較していただいていますので、音色や特性の違いも分かりやすくなっています。

Honey Bee ODはどちらかというとクラシック・ロックが得意。もともとSuproアンプからインスパイアされたサウンドで、50sコンボアンプのような独特の風合いがあります。

Silver Bee ODはより一般的なヴィンテージアメリカンコンボアンプ。シルバーフェイスサウンドと呼ばれることもあります。よりレンジが広く、クリアなトーンは現代のロックにも最適です。

また、動画では音作りの細かな方法についても触れられています。

Silver Bee ODに限らず、BJFの制作するペダルはToneやEQにこだわりがあります。効く帯域、コントロール幅が独特で、ときに“壊れていてノブが効かない”と言われることがあるほど微調整に特化したコントロールがついていることすらあります。

Silver Bee ODのTreble、Bassはそこまで微細なコントロールではありませんが、過剰な効き方をするアクティブEQのように使うことはできません。

あくまでもアンプライク、特にヴィンテージアンプの2バンドEQのように使用します。ミッドを出したければ他を削る、これがアンプEQの特徴です。動画ではそんな音作りのコツについても触れていただいていますので、Silver Bee ODをより深く知っていただけるのではないかと思います。

それでは、もう一度動画をご覧ください!