【ブログ】本物のブラウンサウンドを知り尽くしたエンジニアが作る、ロックディストーション!Amptweaker TightRock!

ギターサウンド、特にHR~ロックな歪みサウンドの理想として、ブラウンサウンドという言葉が使われることがあります。

ブラウンサウンドとは、EVHことヴァン・ヘイレンのギターサウンド、特に80年代あたりからのトーンについて呼ばれることが多いですが、その解釈も様々で、確実にブラウンサウンドとはこれだ、と定義できる人はほとんどいないでしょう。

ただ、その作り手であればどうでしょうか。EVHと共に、本人のサウンドを作る名アンプ、Peavey 5150を生み出したエンジニア、James Brown率いるエフェクターブランド、Amptweakerがリリースしているディストーション、TightRockには、ブラウンサウンドの考え方が多く取り入れられた、理想的なロックギターサウンドを作るディストーションです。

TightRockにはイコライザースイッチとゲインブーストスイッチが搭載され、またゲインの設定に追従するノイズゲートが内蔵されています。TightコントロールはこのTightRockで最も特徴的なコントロールで、スムーズで厚みのあるピッキングからタイトで攻撃的なピッキングまで様々なピッキングニュアンスを調整可能です。あなたのギターやピッキングスタイルに合わせて自由なサウンドメイキングが可能です。

イコライザスイッチを切り替えると、プレキシアンプのようなエッジの立った中域の音が少し抑えめで、まさにマーシャルM412で鳴らしたようなビンテージサウンドになります。 
ゲインブーストスイッチはクラシックなディストーションとモダンなハイゲインディストーションサウンドを切り替えます。
両方のスイッチを切った場合、すでに歪ませたアンプや他のエフェクターをそのキャラクターを変えずにプッシュすることができるオーバードライブとしても活躍します。

TightRockがON時に同時に有効になるエフェクトループ、TighrRockがOFF時にONになるエフェクトループの2つのループを備え、ON時とOFF時に自動的に違うエフェクトのON/OFFを操作できる構造も大きな特徴。

ペダルボードの中心としても使えるディストーションペダルです。