【ブログ】お手頃で扱いやすく、存在感もあるシールドケーブル!9℃ Basic Cable!使いやすい3mLSで発売!

シールドケーブルは、ギターやベースを鳴らす上でなくてはならないケーブルです。

シールドケーブルのシールドとは、その名前のとおり盾のこと。ギターやベースが作る信号は外来ノイズに弱いため、ケーブルの中を信号が通るときに守ってやらないといけないので、その役目をするのがシールドです。そのシールドが巻かれたケーブルを、シールドケーブルと言います。

例えば、アンプヘッドからキャビネットを接続するスピーカーケーブルはシールドケーブルではありません。これはアンプを通った信号は十分に強く、ノイズに影響されないからです。

そんなシールドケーブル、いろいろなものがあります。

9℃では、シンプルで使いやすく、低価格でしっかり作られていて、あとちょっとだけ目立つ。そんなケーブルを発売します。

Basic Cableは、ステージやスタジオ、自宅での練習に欠かすことのできない、ギター/ベース用ケーブルです。
しなやかで扱いやすいケーブルです。

L字型プラグは、プラグの付け根が掴みやすい形状で作られ、素早く抜き差しができます。

ストレートプラグはスタンダードなサイズで、抜き差しもしっかりと行えます。丁寧に作られ、扱いやすい構造です。

素直なサウンドで、強い色付けもなく、扱いやすいケーブルです。
ケーブルも硬すぎず柔らかすぎず、素直にステージや床を這わせることができます。

LEP INTL9℃, cable