【ブログ】あの人気マルチエフェクター、Mooer GE200、まもなく最新ファームウェアアップデートがあります!

大人気のマルチエフェクター、GE200。コンパクトで扱いやすく、操作性の高いユーザーインターフェース、そしてそのサウンドクオリティで圧倒的な人気を誇ります

そんなGE200の最新ファームウェアがまもなく公開され、アップデートできるようになります。

現在のGE200は、1.2.3Bが最新。

まもなく公開されるのはV2.0.0となる予定です。

アップデート内容は、まずMONO PITCHエフェクトが追加され、さらにディレイとリバーブのTRAIL ON/OFF機能が備わります。プリセット切り替えでもTRAILが効きます。

さらに、ディレイ、リバーブ、モジュレーションエフェクト全体の音質が向上、そして52秒のルーパーの位置を変えることができます。

ルーパーをエフェクトの先頭に設置するか、最後尾に設置するかを選べるようになります。

ファームウェアアップデートは簡単です。Mooerのサイトにアクセスし、SUPPORTからDOWNLOADSに飛びます。そして対象のファイルをダウンロードします。

ファームウェアとSTUDIO EDITORが同時にダウンロードされます。

●Mooer Studio Editorの使い方
・ダウンロードしたファイルを解凍し、ソフトウェアをインストールします。
・Mooer GE200をUSBケーブルでPCと接続し、電源を入れます。
・インストールしたMooer Studioソフトウェアを起動し、Search Deviceをクリックします。
・ドロップダウンメニューからデバイスを選択します。
・Open Deviceをクリックすると、エディタが開きます。

●ファームウェアアップデート
※ファームウェアアップデートにはMooer Studioソフトウェアが必要です。
・Mooer GE200をUSBケーブルでPCと接続します。
・左側の▼フットスイッチを押しながらアダプターを接続します。(アップデートモードとなります)
・Mooer Studioソフトウェアを起動し、Search Deviceをクリックします。
・ドロップダウンメニューからGE200 UPDATEを選択します。
・Updateをクリックすると、アップデートが開始されます。アップデート中は本体の操作、ケーブルの接続等を変更しないで下さい。

最新ファームウェア、どうぞお楽しみに!