【ブログ】最高峰のベースシンセ!あのDeep Impactを大きく発展させた、PandaMidi Future Impact I!

かつて独自の理論で作られた、他にないベースシンセ、Deep Impact。

その開発者が新たに作り上げたのが、このFuture Impact Iです。

pandaMidi Solutions Future Impact I.は、1990年代に制作され、伝説の名機として名を馳せるAKAI Deep Impact SB1の実質的な後継機種となるペダルです。
SB1を設計したアンドラーシュ・サライ氏が自ら主宰するpandaMidi Solutionsにて制作を行っています。

世界で最もパワフルなベースシンセサイザー。ベースギターエフェクトと超強力ベースシンセサイザーを融合!それがFuture Impact I.です。まさにベース用機材の革命。

Future Impact I.は、99種類のプリセットプログラムを選択することのできる多機能なベースシンセサイザーです。膨大なエフェクトプロセッシングブロックとシンセサイザーブロックを組み合わせました。
オシレーター、フィルター、エンベロープジェネレーターがクラシックなモノフォニックシンセサイザーサウンドを作り、多彩なベースサウンドのキャラクターを実現します。

それだけではありません。Future Impact I.にはハーモナイザーブロック、ディストーション、フォルマントフィルターなど、トラディショナルなエフェクトも収録されています。エフェクトプロセッシングとシンセサイザーがそれぞれを柔軟に補完することができます。
もちろん、エフェクトバイパス時にはトゥルーバイパスとなり、サウンドに影響を及ぼしません。

Future Impact I.は6弦ベースの全音域をサポートしています。

Future Impact I.は、Deep Impact SB1に収録された9つのサウンドを全て再現することができますが、SB1とFuture Impact I.のソフトウェアとハードウェアは全くの別物です。20世紀の技術で作られたSB1とは違い、最先端技術を使用したFuture Impact I.は、100倍以上の高速動作を可能としました。

圧巻の処理能力を備えながら、スタンダードなDC9Vアダプターで動作し、消費電流は70mAと省電力に抑えています。

SB1は9つの音色を選択し、そこから主要なパラメータを操作するもので、それらをプログラムすることはできませんでしたが、Future Impact I.には99のプログラムスロットがあり、これらはPCエディタからプログラムすることができます。さらに、SB1と同様、主要なパラメータを本体に設置し、ステージでSB1のようにノブを操作して音を作ることも可能です。


●Future Impact I.とDeep Impact SB1の違い
SB1には32kHzで動作する4つのノコギリ波のオシレーターを装備していました。これらは高音域では歪みが強くなってしまいます。
Future Impact I.には512kHzの4つのマルチウェーブオシレーターを装備し、クリーンなシグナルを作ることができます。オシレーターにはノコギリ波、トライアングル波、スクエア波を作り、これらをオシレーターごとに独立して設定し、ミックスすることができます。スクエア波のシグナルはパルスの間隔を調整できます。そして、オシレーターごとに個別のLFOがあり、パルスの幅をモジュレートすることで暖かく生き生きとした音を作ります。ノコギリ波にはそれぞれにディケイエンベロープを備え、それぞれ独立した波形のダイナミックな可変が可能です。そして、Future Impact I.ならではのフォールドオーバーディストーションを各オシレーターごとにかけることで、リッチな倍音成分を生成することができます。

Future Impact I.のフィルターは12dB/oct、または24dB/octで、クラシックなミニタイプフィルターです。

Future Impact I.のエフェクトセクションにはタイムモジュレーションエフェクトも収録されています。

SB1のディストーションエフェクトは32kHzのサンプリングレートでしたが、Future Impact I.では128kHzで、よりクリーンで“デジタル色”の無いディストーションをかけることができます。

そして、Future Impact I.にはMIDI IN / MIDI OUT端子を装備していま

LEP INTLpandaMidi, synth