【ブログ】伝説は語り継がれる。同じ形で。Ceriatone Centura

近年、アーティストの足元にも置かれることの多い、この「ギターを破壊しそうな」半人半馬の怪物。

伝説のサウンドを、筐体や内部構造まで再現したオーバードライブです。

Ceriatone Centuraは、トーンとアンプの可能性をさらに拡げる、本来の意味でのオーバードライブペダルです。特に、音色に歪みが加わるか加わらないかくらいの絶妙な領域に設定した真空管アンプとの相性は最高です。
Centuraはクリーンブーストからフルゲインセッティングまで、全ての領域で最高峰の音色を作ります。全てのノブは自由にセッティングして自分だけの音色を見つけてみましょう。どんなセッティングにも間違いはありません。

●コントロール
・GAIN:歪みの強さを調整します。最小設定でクリーンなトーンとなります。
・TREBLE:高域を中心に音色を調整します。11:30辺りの位置でフラットとなります。
・OUTPUT:音量を調整します。11:30辺りの位置で回路上はユニティゲインとなりますが、実際の音量はGAINやTREBLEの設定により異なります。

●“クラシック”ユニットとの違い
Ceriatone Centuraは、クラシックユニットと殆ど変わらない音色を作りますが、特にOutputの設定をクラシックユニットよりほんの少しだけ高くすることで同等のレベルとなります。この違いはポットテーパーによる違いです。フルアップに近づくにつれ、その差異は小さくなっていきます。

ノブのセッティングは自由に行い、最高のサウンドを探してみましょう。どんなギターやアンプと組み合わせてどんな音楽を演奏するのかは、無限大の組み合わせがあります。つまり、最高のセッティングも無限に存在するのです。

●電源
Centuraは3.5mmミニプラグのDC9Vアダプターで駆動します。プラグはTIPがプラスとなります。

●電池
Centuraはスタンダードな9V電池で駆動させることもできます。電池をご使用になる場合は底面のネジをマイナスドライバーで開け、内部の電池スナップに電池を取り付けて使用します。
いつものセッティングで音色が違うと感じたときは、電池を新しいものに交換してください。また、長時間使用しない時には電池を抜いてから保管してください。