【ブログ】Mooer GE300でベースのサウンドもキャプチャ!持ち替えがほとんどないベースだからこそ効果的!?

Mooerの最新マルチエフェクター、GE300。あちこちで話題になっています。

現状のGE300は、アンプモデルがギター用ばかりだったり、基本的にギター用のエフェクターとして設計されている、ということは間違いないでしょう。

そんなGE300をあえてベースで使うことはできるのでしょうか。

GE300を代表する機能の1つとして、こちらも各所で大きな話題となっているTone Capture。ギターの音を別のギターに変えたりすることができます。

実はこのTone Capture、ベースにも使えます。つまり、ステージでは使い慣れたベース1本で、フェンダー、ミュージックマン、ディングウォール、リッケンバッカー、ウッドベース……などなど、様々なベースサウンドに変えて使うことができるのです!

詳しくは動画を改めてご覧ください!