【ブログ】デザインと演奏性を両立した、3D形状が新しいピック!Anatomy Of Sound!

安定して持ちやすい3D形状をデザインしたら、なぜかこうなりました。

●独特の形状
Anatomy of Soundのピックは、全て独特の3D形状で、高い演奏性を実現しています。
ピックの厚みは最大3mm、先端部は0.8mm程度となっています。

●Bikiniピック
ティアドロップシェイプを基本とした形状のピックです。
ピックは独特の3D形状で制作され、親指を載せやすい前側と人差し指を固定する溝がついた後ろ側と、表裏で違った形状を取り入れることで高い演奏性を実現しました。

●Heart Beatピック
ティアドロップシェイプを基本に、ハート型の形状で作られるピックです。
ピックの中心には縦に溝が入り、人差し指や親指を固定しやすい形状となっています。


●ピックの硬さ
ピックのカラーから一目でピックの硬さが分かるように作られています。

ホワイトアラバスターは最も柔らかく、先端部がしなるように作られています。柔らかなアタックで、伸びやかなリードやハイブリッドピッキングにも向いています。
エボニーは最も硬く、素早いアタックと強めのピッキングで、速いプレイやヘヴィなリフ、歯切れのよいカッティングにも最適です。
ブロンズはその中間で、最も広く様々なプレイスタイルに合わせて使うことのできるピックとなっています。

●ピックのサイズ
Anatomy of Soundのピックは、トラディショナルなティアドロップシェイプを基本に、独特の3D形状で仕上げられています。

ピックはStandard、Jazzの2タイプがあり、それぞれピックのサイズが異なっています。
最もトラディショナルなティアドロップシェイプに近いStandardサイズは、先端から最大の長さが3cmとなります。

小さなサイズで細かなプレイにも向いたJazzサイズは、先端から最大の長さが2.6cm程度となります。

LEP INTL