【ブログ】久しぶりに意味不明なエフェクター!使いこなせるかはあなた次第!Mattoverse Electroncis AirTrash!

数多くのエフェクターを見てきましたが、ここまで意味不明な音の出るエフェクターは珍しいです。

かつて存在した”迷機”、MASF Biloma、そして革命的なビットクラッシャー、WND Geiger Counter…これらに匹敵する意味のわからなさを感じます。

3つのノブが生み出すサウンドを、あえてジャンルにすればローファイエンベロープトレモロ…といったサウンドです。

最もわかりやすいノブは青いノブ。音量です。

黄色いノブは、音のローファイ化をするようなノブです。ただ、ローファイ化というとビットクラッシャーのようなサウンドを想像するかもしれませんが、全く違います。

元の音は太く、芯として残っていて、そこにローファイなテクスチャが張り付いていくような雰囲気。ノブを→に回すほど、そのテクスチャが増えていくようなサウンドです。

赤いノブは危険です。最小にすれば何もしませんが、だんだん上げていくと、トレモロというか、フィルターというか、よくわからない効果が付きます。

アタック直後は早く、そこからだんだん遅くなるようなトレモロ系サウンドなのですが、やはり通常のトレモロとは違った風合いの音。マシンガン系のサウンドですが、そこに回転が混ざったような、小さくスピンしながら音を切っていくような効果で、ノブを上げていくほど音の刻みが深くなります。

Mattoverse Electronics AirTrashは、まさに”ゴミ”のような音を作るためのエフェクターです。
エフェクターを開発している中で、とんでもなく酷い音が出てきました。あまりにも酷い音だと思いましたが、なぜかプレイをやめることができませんでした。
その回路を基本に、ノイズをなくしたり、制御しやすいように改良しようとしましたが、それは同時に音の面白さがなくなってしまいました。なので改良をやめました。
AirTrashの3つのノブは、青いノブが音量です。あとの2つは、うまく言葉が浮かびません。予測不能なノブです。

AirTrashは、ギターやベースではエフェクターらしく振る舞いますが、シンセやドラムマシンにはあまり役に立ちません。
ギターやベースでも、エフェクトチェインの先頭につなげば最高のパフォーマンスを発揮しますが、接続順によってはうまく動作しないことがあるかもしれません。
ピッキングアタックやインプットボリュームに対してとても敏感なペダルです。