【ブログ】個性的で独創的、でも変な発振や歪みすぎるファズはいらない。そんなプレイヤーに。Red Panda Particle!


自分だけの音を作ることのできるペダル。それでいて、ノイズや轟音系ではなく、美しい音が欲しい。 そんな贅沢な悩みに応えるペダルが、Red Panda Particleです。


このペダルはディレイとピッチシフターを組み合わせたペダル。でもただのディレイやピッチシフターではありません。Particleは入力された音を細切れにし、その切り取る長さや切り取った音のピッチを変えてしまいます。
ディレイ、ピッチシフト、モジュレーションが入り混じった原形を留めないほどに過激なサウンドを作り出します。

ペダルには8つのモードがあります。黒地の5つがディレイ、白地の3つがピッチシフトのモードです。 ディレイの5つのモードは、個性的なディレイサウンドを作ります。

インプットを細かく切り刻み、トレモロやショートディレイのようにするdens、モジュレーション、それも強烈なモジュレーションのlfo、ディレイ音を逆再生するリバースディレイのrev、ディレイ音のピッチがランダムに変化してファンタジックな空間を演出するpitch、そしてランダムディレイタイムのrndモードを選択できます。

ピッチシフトモードは、さらに強烈な音になります。dtuneはインプットピッチをランダムに変えコーラスのような音からまったく新しい音が得られます。lfoは、ピッチモジュレーション。音を揺らすモジュレーションエフェクトですが、音程そのものが揺れるので、光線銃のような音を出すことが出来ます。そしてdens。音が細かく分割され、そこにピッチシフトがかかります。

■Particleの特徴
・3つのピッチシフトモード
・5つのディレイモード
・入力信号を切り取る長さを調整可能
・上下1オクターブのピッチシフト
・ディレイタイムは0-900msの範囲で設定可能
・設定により発振させることが可能


■ピッチシフトモード
・dtune(detune)モード
 入力信号のピッチをランダムに変化させます。delay/pitchノブで基本となるピッチシフト量、paramノブでピッチシフトの変化幅を調整します。

・LFOモード
 モジュレーションを加えます。delay/pitchノブでピッチシフト量、paramノブでモジュレーションを調整します。

・dens(density)モード
 入力信号を細切れにすることでマシンガントレモロのような効果を作り出します。delay/pitchノブでピッチシフト量、paramノブで切り取る長さを調整します。


■ディレイモード
・dens(density)モード
 入力信号を細切れにすることでマシンガントレモロのような効果を作り出します。delay/pitchノブでディレイタイム、paramノブは切り取る長さを調整します。

・LFOモード
 ディレイサウンドにモジュレーションを加えます。paramノブはモジュレーションを調整します。

・rev(reverse)モード
 リバースディレイモードです。paramノブで通常再生とリバース再生の割合を調整します。反時計回りに回し切るとすべてのディレイサウンドがリバースに、時計回りに回すにつれて通常再生の割合が増加します。

・pitchモード
 ディレイサウンドのピッチがランダムに変化します。paramノブでピッチシフトの変化幅を調整します。

・rnd(ramdom)モード 
 ディレイタイムがランダムに変化します。delay/pitchノブで最大ディレイタイム、paramノブでディレイタイムの変化幅を調整します。


■仕様
・対応電圧 DC9V
・消費電流量 100mA
・エクスプレッション端子
・トゥルーバイパス仕様
・Made in USA
LEP INTLRed Panda, Particle