【ブログ】これもフェンダーAIABの形! ブロンドフェンダーの甘いトーンがこの中に!Menatone The Dirty B即納可能!

ヴィンテージアメリカンサウンド。カラッとして温かで美しいトーン。フェンダーのヴィンテージアンプはどれも魅力に溢れています。

最も有名なフェンダートーンといえば、あの澄んで乾いたトーン。それはブラックフェイス期のアンプです。次に有名なのが、ダーティで温か、かつ“いなたい”と呼ばれるあのトーン。ベースマンなどでも人気のツイードアンプでしょう。

ブロンドと呼ばれるフェンダーアンプは、その中間期に作られたものとなります。ごく僅かな期間しか制作されませんでしたが、独特のルックス、そしてそのサウンドは高く評価されています。

“トゥワンギー”で美しいアメリカントーン。

これぞアメリカンサウンド!The Dirty Bは1960年代初頭に作られた“ブロンドアンプ”のトーンをベースとしたペダルです。ボトムエンドが丸く、トップは甘くトゥワンギー。その美しい女王に、誰もが注目することでしょう。
しかし、一度ゲインをプッシュすると、その女王は圧倒的なミッドレンジのパンチと轟音を伴い、荒れ狂う“B”へと姿を変えます。
ダーティなブロンドはカントリー、ブルース、ロカビリーなど、ウッディなキックが必要なルーツスタイルの楽曲に最適です。

●コントロール
Vol:音量を調整します。大音量に設定することもできます。
Gain:歪みの強さを調整します。
Soul:歪みのコンプレッションを調整します。高くすると飽和感のあるサウンドになります。
Treb:高域を中心に音色を調整します。
Mid:中域のブースト/カットを調整します。12時を超えるとブルージーなトーンになります。
Bass:低域の音色を調整します。

●電源
9Vバッテリー、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。アダプターは200mAを超えないタイプを推奨します。

ブラックフェイスAIAB、Sonic Blue Twangerとくらべてみました。

SBTのクリアなフェンダートーンはさすが。対してDirty Bは明らかに音が暖かいんですが、間違いなくこちらもフェンダートーン。違う音なのにどこかに同じ匂いを感じます。SBTのLeadモードに近い音色ですが、やはりSBTはどこか新しく、Dirty Bはもっと古い音。音色は細かく調整できますが、同じ匂い、同じ道にいるはずなのに交わることのない2台のペダルサウンドを楽しむことができます。

Menatone The Dirty B。こちらも間違いなく天才が制作した本気のフェンダーAIABです。

即納可能です!