【ブログ】美しいエッチング、真空管やポイントtoポイントの只者ではないブランド!Triode Pedalsが間もなく!



エッチングを施したデザインのエフェクター、探すとけっこうあるんですが、ここまでのクオリティはなかなか見つかりません。

Triode Pedalsは、アメリカ、メリーランド州ボルチモアで、ハンドメイドエフェクターを制作しています。
アシッドエッチングを施した筐体を使用し、Triode Pedalsならではのユニークなスタイルが出来上がります。

そして、見た目だけではなくサウンド、機能にまで高いこだわりで制作されたペダルばかり。内部パーツはポイントtoポイント。ハンドワイヤード、ハンドメイドのこだわりが凝縮されたペダルです。



最近では珍しい真空管を使用したエフェクターです。
Triode Pedals Beelzebubは、コンパクトペダルに真空管を使用したブーストペダルです。
真空管をただの飾りや味付けとして使うのではなく、Beelzebubは“オールチューブ回路”のチューブブースターです。チューブソケットを使用し、ハンドワイヤードで制作されています。



Stingノブで強力なクリーンブーストを作り、さらにBuzzノブを上げれば真空管を飽和させることができます。Queen-Droneスイッチでペダルのトレブル、またはベースの帯域をフォーカスさせることができ、Honeyノブで全体のトーンをコントロールできます。



●コントロール
Buzz:ゲインコントロールです。真空管の飽和感を調整します。
Sting:ヴォリュームコントロールです。
Honey:トーンコントロールです。一般のトーンとは逆向きになっています。
Queen/Drone:インプットフィルターです。Queen=Treble、Drone=Bassモードです。

BeelzebubはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
電池はお使いになれません。
 


細かく丁寧に施されたエッチングが圧巻のこちらはオートワウ/フィクスドワウペダルです。

Triode Pedals Leviathanは、サウンドパレットを豊か彩るパワフルなペダルです。
レゾナントフィルターはハイパス、バンドパス、ローパスを設定できます。半止めのフィクスドワウサウンドや、ローエンドがいつまでも脈打つようなトーンが得られます。さらにLFOを使用し、柔らかな揺らぎからハウリングサイレンまで、様々な音を作ります。



Leviathanにはエクスプレッションペダルインプットを備えています。バンドパスセッティングで使用すればクラシックワウとして動作させることができます。ローパスではペダルでローエンドの強さをリアルタイムでコントロールすることもできます。さらにLFOと連動させれば周波数レンジを動かしながらLFOオシレーションをフォーカスするユニークなエフェクトを作ることも可能です。



●コントロール
・Songコントロールはフィルターのカットオフ周波数を設定します。クラシックなフィルタースウィープを作ることが出来ます。
・Feedコントロールを調整すれば、レゾナンスフィードバックをコントロールしてエフェクトのかかりを最小から発振まで設定可能。
・↑/↓のスイッチは、上から順にハイパス、バンドパス、ローパスフィルターの設定です。
・LFOセクションはSongコントロールの後に設置されます。ChurnコントロールはLFOスピード、WakeコントロールはLFOの深さを調整します。LFOをフルレンジでオペレートするには、Songを中央に設定し、Feed、Wakeを最大または最小に設定します。
・WakeとChurnノブの間のスイッチで、LFOの波形をトライアングルウェーブとスクエアウェーブから選択できます。
・エクスプレッションペダルとDC端子の間にあるスイッチはLFOのスピードレンジスイッチです。上側のポジションでFAST、下側のポジションでSLOWセッティングとなります。

LeviathanはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
電池はお使いになれません。