【ブログ】機材の接続順、すぐに変えます。UFOみたいなパッチベイ!Boredbrain Music PATCHULATOR8000!

機材の接続は、順序を変えるだけで劇的に音を変えることができます。

例えばエフェクターは、基本的に接続順に正解はありません。必要な音が出せるなら、セオリーに従った接続にする必要も無いのです。

では、どの接続が自分に合っているか。それを簡単に確かめられるのが、パッチベイです。

ペダルボードが凝り固まってしまっていませんか?
Boredbrain Music PATCHULATOR8000は、普段使用しているペダルで全く新しい音を見つけ出すことのできるコンパクトパッチベイです。
PATCHULATOR8000を使用することで、エフェクトの接続順を簡単に入れ替えることができます。1つで8台までのエフェクト接続を設定可能。付属のミニケーブルの接続を変えることで、エフェクトボードのシグナルフローが簡単に切り替わります。
ペダルボードに設置したエフェクトやケーブルには触れる必要もありません。美しく組み上げたボードはそのままに、エフェクトの接続順を切り替えられるのはもちろん、今使用しないペダルは完全にシグナルフローから外し、“完全に”バイパスすることもできます。

ギターやベース用のペダルボードだけではありません。PATCHULATOR8000は様々な楽器、特に電子楽器の世界で中枢神経となります。
PATCHULATOR8000をデスクトップパッチベイとして活用することで、あちこちに接続されたケーブルをいちいち取り外し、巻取り、また接続し直す必要もなく、手元のミニケーブルを切り替えるだけで様々な楽器とエフェクトやアンプを共有することができます。
キーボード、シンセサイザー、サンプラー、ドラムマシンなどのオーディオソースを接続しておけば、即座に音源を切り替えることができます。

モジュラーシンセサイザーの世界では、ミニジャックはスタンダードです。しかし、多くの楽器やアンプは、フォンジャックがスタンダードです。PATCHULATOR8000は、ミニジャックとフォンジャックを変換することができます。
つまり、PATCHULATOR8000を間に挟むことでユーロラック等のモジュラーシンセサイザーと多くのミュージックギアをそのまま接続することができます。オーディオシグナルはもちろん、CVシグナルなども多くの機器と同期させることができます。

PATCHULATOR8000が、ギターペダルやスタジオエフェクト、シンセやサンプラー、グルーヴボックス、ドラムマシン、モジュラーシンセ、ミキサー、レコーディングインターフェイス……これらの機器を仲立ちし、様々な相互接続をサポートします。

まるでUFO。側面の端子に機材からのケーブルを接続し、本体トップにある16の穴にケーブルを繋ぐことで様々な接続を切替えられます。

一見複雑ですが、使い方はシンプル。なぜなら、各端子は外側の端子と内側の端子、交互に接続されているからです。インプットとアウトプットの順序を決めてしまえば、「内側から外側へ」ケーブルを接続すれば、信号が逆流することはありません。

全ての端子を配線すると、こんな形になります。これがボードに置いてあると、圧倒的な存在感です。